Wi-Fiルーターは親機と子機があってはじめて役に立つ

Wi-Fiルーターの親機と子機ってなに?

インターネット回線が開通している状態でなければ、Wi-Fi環境を構築することはできません。
自宅であれば光回線、ケーブルテレビ回線などのインターネット回線で、モデムに対してWi-Fiルーターの親機を接続してWi-Fi環境を構築します。

この親機と呼ばれるWi-Fiルーターに無線機能が備わっていて、複数の端末からWi-Fiルーターを介してネット接続できるようになります。
複数の接続端末のことを子機と呼び、親機にぶら下がるイメージです。
パソコン、スマホ、タブレット、テレビ、エアコンなどの家電があります。

親機には据置機とモバイル機がある

親機は据置機であるWi-Fiルーターと、持ち運びができるモバイル機であるモバイルルーターの2種類があります。

据置機は固定回線のモデムに繋がった形で、安価なモデルから高性能なモデルまでラインアップは数多くあります。

それに比べてモバイル機は、携帯電話の通信網をネット接続する形で電波圏内であれば持ち運びが可能で、子機はいつでも接続することができます。
しかし通信量の上限が設定されていることがあるため、それを超過してしまうと途端に速度が遅くなるというデメリットがあります。
また携帯電話網を使用しているので、月額料金が掛かります。

親機に接続する側が子機

親機がルーターと呼ばれるのに対して、それに接続するパソコンやスマホのことを「子機」と呼びます。
スマホが電話回線を使用してネット接続すると、通信量を消費してしまいますが親機であるルーターを介してネット接続すれば、スマホの通信量は消費しません。
また、子機になりうる機器はどんどん増えており、特に家電製品の新規対応が飛躍的に広がりつつあります。

Wi-Fiは親機に子機を繋ぐのが基本

Wi-Fi環境は親機があって、そこに子機がアクセスする形が基本です。
親機は無線環境を提供しますが、それに対して子機となる端末からアクセスしていくことになります。

子機はインターネット接続だけでなく、ネットワーク環境上にある別の機器にアクセスすることも可能になります。
代表的な子機は、パソコン、プリンタ、スマホ、タブレットなどが主なものでWi-Fiの普及に伴いエアコン、冷蔵庫、掃除機、スマートスピーカー、調理器具など様々な製品で対応が進んでいます。

パソコンやスマホに関しては、特定のソフトをインストールすることによって自分が親機になることができる「デザリング」という機能があります。
一部スマホではこの機能が使えないケースがありますので注意しましょう。

デザリングは有線LANしかない環境において、一時的にWi-Fi環境の構築ができるので複数人が接続したい場合に有効です。

このようにWi-Fi環境というのは、親機がネット接続などの役割をしつつそれにアクセスした子機がネットワークの利用が可能になります。
親機、子機の役割を把握することが、Wi-Fi活用の第一歩と言えるのです。

Wi-Fi機能のないパソコンはどうなる?

パソコンでも少し古いモデルや、自作したパソコンなどではWi-Fi機能が実装されていない場合があります。
Wi-Fi機能が使えてもバージョンが古いと、最新の11acに対応できません。

Wi-Fi子機アダプタで実現可能

そういったパソコンをWi-Fi環境でインターネット接続するためには、USBを使用した外付けタイプのWi-Fi子機アダプタを使用すれば、11acのWi-Fi環境を利用可能です。

ただし11acを安定してフル活用するためには、USB端子が3.0以降となるためもしUSB3.0の端子でない場合は安定した高速通信ができないばかりか、アダプタそのものが機能しないリスクがあるので注意しましょう。

通信速度や安定性を重視するなら、イーサネットコンバータを利用すれば確実ですが持ち運びが難しく、アダプタに比べて価格も高めになってしまいますが外付けアダプタであれば、1500円程度の安価なものもありますので手軽に11ac環境を手にすることができます。

パソコンを親機にすることも可能

ホテルの客室などで有線LANしか利用できない場合は、Wi-Fiに対応しているパソコンを親機にすることも可能です。
有線でインターネットに接続した状態で、「Connectify Hotspot」というソフトをインストールして設定すれば親機となります。

そうすればパソコンがWi-Fi親機になるので、スマホがそれに接続すれば通信量を節約してインターネット接続が可能となるのです。

コメントする